猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

ADK、案外イケてるプロジェクトでは・・・??

こんばんは、よしきです!

 

仮想通貨界隈に活気が戻りつつある今日この頃。

Twitterで『ADK』という仮想通貨を見かける機会が増えてきたと個人的には思ってます。

なので、時間のあるGW中にADKについてまとめてみました。

 

《目次》

 

ADKとは

基本情報

名称:Aidos Kuneen(ADK

総発行枚数:2,500万枚

公式ページ:Aidos Kuneen – Hades helmet of invisibility

Twitterアカウント:ADK (@Aidos_kuneen) | Twitter

ホワイトペーパー:http://adk.works/jp/adk_whitepaper_tmp.pdf

 

発行枚数は仮想通貨の中では少ないほうかと思います。

発行枚数が何枚なのかは、1枚あたりの価値に大きく影響があるので投資をする上ではかなり重要ですよ。

フォロワーの人数が約7,500人と少ないのに、価格が高騰しているのは少し意外ですね〜

珍しく日本語のホワイトペーパーがあることに驚きです。笑

小額決済に特化した仮想通貨

ADKの特徴はズバリ3つ。

  • 匿名性を備えている。(誰が誰に送金したか第三者からは判断できないようになっている。)
  • 取引手数料がゼロ
  • ブロックチェーン技術ではなくiMeshを採用している。

2つ目と3つ目の特徴はリンクしているので少し説明します。

iMeshというトランザクションの正規性を判断する技術を適用することで、従来のブロックチェーン技術よりも比較的容易にトランザクションの承認が可能となるのです。

また、ブロックチェーン技術であれば取引の承認をするマイナーが存在します。このマイナーたちは手数料を受け取るインセンティブがあるため、取引の承認をしているのですが、iMeshではトランザクションが直接別のトランザクションを参照できる技術となっているため、取引を承認するマイナーが必要なのです。

これはつまり手数料を支払う必要がないということなのです。

このADKというプロジェクトは、マイクロファイナンス(小額決済)に特化したものといえるのです。

どこの取引所で売買できる?

ADKを売買できる取引所はどこなのか。

現時点では、bittrexやBINANCE等の有名な取引所ではADKを売買することはできません。

『Aidos Market』というADKを取引するためにADKの開発者が作った取引所でしかADKの取扱はしていないんです。

(下記リンクからAidos Marketにアクセスできます。)

Aidos Kuneen Market | Buy and Sell Aidos Kuneen Securely on Internet

リンクをクリックすると下の画像のようなページが出ますので、名前やメールアドレスの登録後にBTCを入金して売買が可能となります。

f:id:yoshiki1992:20180504102047p:plain

 

今日のポートフォリオ

ETH、NEO、ONT、BLZ、OMG、WANを中心に買い集めて、含み益が10%になったら利確を繰り返してきました。

お陰で資産は順調に回復しております。

自分ルールを遵守して、コツコツBTCを集めていきます!

まとめ

このADKのプロジェクト内容は、仮想通貨が解決すべき問題に焦点を当てたものです。

個人的には

あとは『いかにして普及させていくか。』という問題がありますね〜

総発行枚数が2,500万枚と少ないことから、値上がりも見込めるものだと思います!

ただし、投資は全て自己責任でお願いします。笑

 

おしまい!