猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

【続編】和田社長は一気に億万長者!?コインチェックの子会社化について。

こんばんは、よしきです!

 

ついにコインチェックマネックスグループの子会社となることを正式に発表しました。

その内容について書いてみました。

このニュースを受けて、『仮想通貨は終わったという人は何を根拠にそう言ってるのか?』について書いた記事もあります。

良ければどうぞ。

yoshikiblog.hatenablog.com

 

《目次》

 

コインチェック株式会社がマネックスグループ株式会社の完全子会社化に

コインチェックマネックスグループに出資を受け入れることになりました。

corporate.coincheck.com

子会社化に伴い役員も大きく変動し、和田社長と大塚取締役は経営責任を取るため役員から外れることになりました。

ただ、執行役員として会社には残留するそうです!まあ完全に抜けると、立て直しは難しいですからね〜

f:id:yoshiki1992:20180406215225p:plain

 

買収金額36億円は安い!?

今回、全株式を買い取るための金額は36億円とのこと。

マネックスグループのプレスリリースにはコインチェックの財務状況が少しだけ記載されてました!

(下記のURLからプレスリリースのPDFに飛べます。)

http://file.swcms.net/file/monexgroup/jp/news_release/auto_20180405405861/pdfFile.pdf

このプレスリリースによると、仮想通貨の売却価格から売却原価を差し引いた純額(粗利益)はなんと9億8,000万円らしい。

これは2017年3月期なので、2017年末の高騰を含めた2018年3月期の財務はさらに拡大していると思います・・・

純利益でも4億7,100万円あります。

このまま推移すると固く見ても、9年で投資金額を回収できる計算になります。

めちゃめちゃお買い得ですね。

和田社長は45%も株式持っているので、16.2億円で株式をマネックスグループに売却することになります。

すごい・・・

マネックスとしてもオイシイ案件ですし、お互いハッピーなのかもしれません。

 

マネックスは仮想通貨交換業に手っ取り早く参入したかった

マネックスとしては、手っ取り早く仮想通貨交換業に参入できるのが大きなメリットだと思います。

今後2ヶ月ほどで仮想通貨交換業者登録を済ませるという。しかも、コインチェックIPOも目指しているとか。

www.businessinsider.jp

一から自分で取引所を立ち上げるよりかは間違いなく負担は少ないですよね。

大企業が参入するくらいなので、大の大人が何人も集まって精査した結果、仮想通貨業界はこの先明るいという結論に至ったのでしょう。

これは一つ明るいニュースですよね!

 

今日のポートフォリオ

コインチェックの子会社化』であったり、これを機に仮想通貨界隈にも再び活況が戻ってきてほしいですね〜

それまでは、黙々と勉強あるのみです!

 

まとめ

コインチェックは僕が初めてビットコインを購入した販売所で、アプリが使いやすくて価格の確認によく使っています。

僕と同じように、仮想通貨デビューはコインチェックという人多いのではないでしょうか?

マネックスの資本を入れて、また一から頑張って欲しいです!

 

おしまい!