猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

【NTOK】教育業界にもブロックチェーンの波が来た!

おはようございます、よしきです!

めずらしく朝の投稿。

早起きしたので、頭スッキリした状態で書き上げました。

朝活、いいですよ、みなさん。

 

教育業界にもブロックチェーンの波が押し寄せてきました!

NTOKのご紹介。

 

《目次》

 

教育業界にも進出したブロックチェーン『NTOK』

NTOK(Tutor Ninja)とは

概要をまずはご紹介。

名称:Tutor Ninja

公式ページ:https://ntok.io/ja

Twitterアカウント:https://twitter.com/ntok_io

ホワイトペーパー:https://ntok.io/docs/en/NTOK%20White%20Paper.pdf

プラットフォーム:Ethereum

 

Presaleは300万ドルの調達に成功し、現在トークンセールをしているそう。

f:id:yoshiki1992:20180321144039p:plain

経営陣のページを見る限り、ロシア人が多いのでロシア発のプロジェクトなんでしょうな。

f:id:yoshiki1992:20180321162558p:plain

 

教師と生徒がブロックチェーンを利用して対話するサービス

オンラインプラットフォームを通じて、教師と生徒が対話できるサービス。

youtu.be

教育業界は完全にオフラインで成り立っている業界です。(英会話などの英会話レッスンは一部オンラインになっていますが。)

ここにオンラインを取り込もうというプロジェクト。全世界に広げるとなると、やっぱろメインとなるのは外国語の学習なのかな。

オンラインとなると、地理的要因、タイムゾーン等に制約がなくなるのは、皆さんのご想像のとおりですよ。

『いつでも、どこでも学習できる』という感じですね。

最大の特徴は教師の評価がブロックチェーン上に記録されること

ブロックチェーンの特徴が活かされるところが、教師の評価がブロックチェーン上に記録されることなんですよ。

ご存知の通り、ブロックチェーンに記録された情報は改ざんができない。このため、そこに記録された教師の評価は信頼性が高いということになります。

これだけで他のオンラインスクールと差別化を図れますよね!

トークンはどのように使われるのか

ご想像の通り、教師と生徒の会話(レッスンとでもしておきましょう。)の手数料としてこのトークンがやり取りされます。

このレッスン料は教師の方でいくらにするか設定することができます。自分でいくらに設定するべきかを考えるのは結構楽しそうではあります。『商売の基本』を学ぶことができそう。。

レッスン料のやり取りに加えて、プラットフォームを運営するNtok.ioから提供されるコンテンツや機器の購入にも、トークンを利用することができます。

他にも、トークン大量保有者には特典も用意されているようです。

  • (教師側)検索結果の順位が上がるようになり多くの生徒に閲覧されるようになる。
  • (生徒側)レッスン料が割引になる。

教師と生徒の経済圏を構築するために、いろいろな工夫がなされているのですね!

 

今日のポートフォリオ

今日の資産はこんな感じでした〜

まとめ

とても画期的なサービスとは思うけれども、僕みたいに意思が弱い人にとっては、外国語を学ぶのであればやっぱり現地に行くほうがいいのかなとは感じました。

ただ学問にかかわらず、様々な分野についての学習プラットフォームになるのもありかな〜と勝手に感じました。

しっかり資金調達もできているので、今後に期待ですね!

 

おしまい!