猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

『Shopin』が巨人Amazonを打ち倒せる日が来る!?

こんばんは、よしきです!

 

今回は久しぶりの個別案件の紹介です。

『Shopin』というプロジェクトで、あの小売業の巨人Amazonを打ち倒す日が来るかもしれません。。

 

《目次》

 

今日のポートフォリオ

いつものやつです。

『総資産』と書いてありますけれども、Zaifイーサリアムネムの積立投資もコツコツ進めています。ZaifとのAPI連携が一時的に制限されているそうで、ここには載せていません。連携開始したら、加える予定です。

(積立投資を始めるときに書いた記事です。) 

yoshikiblog.hatenablog.com

 

Amazonがやっていることをブロックチェーンを用いるプロジェクト

現在もPresale中のShopin

まずは概要を書いておきます。

名称:Shopin(ショッピン SHPN)

総発行枚数:100億枚

ホワイトペーパー(日本語版(少し不自然)):http://jpc.cash/file/Shopin-WP.pdf

公式ページ:https://tokensale.shopin.com/

Twitterアカウント:https://twitter.com/shopinapp

vimeo.com

チームメンバーは下の写真の通り。

f:id:yoshiki1992:20180321105411p:plain

CEOのEranさんはシリアル・アントレプレナー(連続起業家)。Shopinの前にすでに3つの事業を立ち上げて、イグジットを経験されている方です。

この情報はICO案件としてプラスの材料になりますねー。

どういうサービスを展開するのかというと、先程から書いているとおりAmazonブロックチェーンに持ってくるというもの。

サービス内容

ユーザーがWEB店舗にアクセスして商品を購入でき、閲覧履歴や購買履歴からお勧め商品の案内を受けられ、アカウント1つで様々な小売店の商品を購入できるというプラットフォームをブロックチェーンを利用して実現することを目指しています。

Amazonとの違いは、自社のECサイトを構築するのではなく、すでに独立してある各々のECサイトにShopinのアプリを組み込んでもらうところ。 

具体的には、購入画面にShopinの選択肢を入れてもらえるということ。

ユーザーの購買行動データをブロックチェーンに保存される

「どこでブロックチェーンの特徴が活かされるのか。」というと、Shopinネットワークに加入した様々な店舗を訪れたユーザーの購買行動をブロックチェーンに保存することができるんです。

最大の特徴が、これらのデータは小売店やShopinに渡らず、ユーザーだけが自らのデータにアクセスできるというところです。

Amazon等である、おすすめ商品の案内はどうなる?

ShopinのAIがユーザーデータにアクセスしておすすめ商品の案内を出す

ShopinのAIがユーザーの購買データにアクセス・分析をして、自動的におすすめ商品の案内ページを表示する。これによってユーザーデータを活用することができるというわけです。

さらにさらに!

ユーザーはプロフィールに自分の好みや予算、さらには身長等を入力することができ、AIは入力された基本的な情報も考慮したうえでおすすめ商品の分析をすることができる。

これまでのECサイトに比べて、おすすめ商品の精度を高めることができるんですね。

プロフィールがShopinに加入する全てのECサイトで利用できるため、ユーザーはいちいちユーザーデータを入力する必要がない。

素晴らしいですね!!

忘れているけれどトークンはどこいった??

最後にトークンがどのように使われるかを説明しておきますね。

小売店がユーザーに広告やキャンペーンを配信する際に、ユーザーに対してトークンを支払わなければならない。もちろん、ユーザーは広告の配信を受け取るかどうかを選べることができます。そういう販促が鬱陶しい人は、拒否すればOK。

ただ、ユーザーは受け取ったトークンで買い物をすることができるんです!

トークンで形成される経済圏ができるというわけですね!

このトークンの取得方法は、

  1. マーケットで仕入れる(小売店、ユーザー)
  2. Shopinとの契約の際に支払う契約金から一定のトークンを受け取る(小売店)

の2通りです。もちろん、マーケットでトークンを売却することもできます。

まとめ

自身のウェブサイトのブランドを損ねることなく、WEB上の小売業者とのネットワークを形成できることはうれしいですよね。

オンラインショッピングにも新しい波が来そうですね!

個人的には楽しみにしてます。

 

おしまい!