猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

【読書レビュー】これからは自分たちで経済圏を創る時代!『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』

こんばんは、よしきです!

 

Twitterで話題になってた『お金2.0』を読み終えたんでまとめるぞ~

 

 

《目次》

 

概要

『技術革新があって僕達の生活は大きく変化したのだけれど、生活に密接しているお金は全然変わってないね?』というようなもの。

主張は、

これまでの資本主義経済から評価主義経にシフトする

というもの。世の中はおおよそ3つの要素が相互に影響を及ぼして、未来の方向性が定まるそう。その要素は、お金、感情、テクノロジーです。

それぞれの要素について解説があり、最後に『お金から解放される生き方』について書いてある。簡単に言うと、

お金のためではなく、自分自身の価値を高めるために働きましょう

ということが書いてあるー

感想

まずは素直に勉強になった!!

『お金の歴史』についてざっくり知ることができたのはめちゃめちゃ良かった〜

それと、下の文章がかなり納得がいった。

これらの自然に内在する力と、それに似た経済のベクトルの強さを考えると、ある着想が湧いてきます。それは「自然の構造に近いルールほど社会に普及しやすく、かけ離れた仕組みほど悲劇を生みやすい。」という視点です。

僕たちは自然のなかに社会を形成して 、『経済』を作った。自然の中にある経済なんだから、自然の摂理に反する社会主義は淘汰されたんだよ〜っていうロジック。

おお、なるほどな。

これからの時代を生き抜くためには、『世の中の仕組み』を理解しておく必要があるよね。

 ぜひこの本を読んで、これからの人生を考えるきっかけにしてください〜

 

 

おしまい!