猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

仮想通貨交換業者が新しく団体を設立するってよ。

こんばんは、よしきです!

 

以前各国の仮想通貨に対する姿勢の記事を書いたんやけれども、日本の仮想通貨情勢に新しい動きが出てたんでまとめたぞー

 (1ヶ月くらい前やから情報は古いかも・・・)

yoshikiblog.hatenablog.com

 

《目次》

 

今日のポートフォリオ

今日のポートフォリオはこちら〜

 

仮想通貨業界の団体が発足

もともとあった、『日本仮想通貨事業者協会(JCBA)』と『日本ブロックチェーン協会JBA)』が、金融庁と連携して来月頃に新団体を発足するとのこと。

jp.cointelegraph.com

経緯

新団体を発足する経緯はみんなの予想通り、『CoincheckNEM流出事件』が原因らしい。。

やはり安全対策のため、団体を設立してしっかりと整備していきましょうってことでしょうな〜

仮想通貨交換業者16社が参加

仮想通貨交換業者である下記の16者がこの新団体に参加するらしい。

 

マネーパートナーズ、QUOINE、bitFlyer、ビットバンク、SBIバーチャル・カレンシーズGMOコイン、ビット・トレード、BTCボックス、ビットポイントジャパン、DMM bitcoin、ビットアルゴ取引所、エフ・ティ・ティ、BITOCEAN、フィスコ仮想通貨取引所テックビューロ、Xtheta

 

うん、知らないところが多いわ。

見て分かる通り、「みなし業者」であるCoincheck等は参加してないな・・・

 

仮想通貨に関するルール作りをしていくんだって

当然やけれども、混沌としたこの仮想通貨の世界を整備することが目的。

具体的には、

  1. ICOガイドラインの作成
  2. 投資家を守るためのルールづくり

を推進していく。

理事はマネーパートナーズの奥山泰全社長、副理事はbitFlyerの加納裕三社長が就任するそう。

新団体、今回はマジだな・・・

まとめ

2018年は、『混沌とした無法地帯から整備された世界』に変化する重要な年になると思うぞ!!

確定申告周りも充実させて貰いたいところだわ。

 

おしまい!