猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

【読書レビュー】イエスの教えはビジネスマンにも通ずる!『誰も知らない男〜なぜイエスは世界一有名になったか〜』

こんばんは、よしきです!

 

今回はブルース・バートン著の『誰も知らない男〜なぜイエスは世界一有名になったか〜』という本の書評!

 どこで見つけて読もうと思ったかはもう覚えてないや。

著者のブルース・バートンさんは、アメリカで広告代理店を創業した実業家。

 

                  

 

《目次》

 

本の内容

『イエスは神の子』が通説で『やせ細って弱々しい』というイメージがあるよね??

エスを一人の男として見てみると、『ガッシリした体型の体力派で社交派な人物』だった。

自分の信念を貫き通して生きた人生を、エピソードを通して語られている。

感じたこと

僕は高校のときに世界史が好きで勉強してたんやけれども、たしかにイエスは『やせ細って弱々しい』っていうイメージだった〜

でも、世界最大の組織、『キリスト教』を創り上げた人物がそんなやわなわけないよなー

著者が広告マンなだけに、広告関連のことがちょいと多かった!

中でも、『形容詞を付けるより、簡潔な言葉での表現のほうが強調できる。』というのが印象的。

自分のブログでも意識していくぜい!!!

ビジネス的な要素よりも、イエスが体力派だったことを知れたことが嬉しかったのが素直な感想w

 

おしまい!