猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

$BLZ(ブルゼル)について調べてみたら、『ETHを補完する父』だった!

こんばんは、よしきです!

 

最近、自分の保有しているコインから派生して『プラットフォーム系』にどっぷり使ってた。

「ちょっと違うフィールドのやつを探す旅に出よう!!」と思い立って、ネットの海をひたすら泳いでたw

基本的に思い立ったら行動するっていう行き当たりばったりな性格なんで、全く意味は無いぞ??

そしたら、ちょっと面白そうなコイン『$BLZ(ブルゼル)』をTwitter経由で見つけたので簡単にまとめることにした!!

《目次》 

 

今日のポートフォリオ

今日はこんな感じでした〜

・・・そろそろコメントすることもなくなってきたんで、さっそく本題にいくわ!!!

BLZ(ブルゼル)とは??

概要

まずは簡単に、概要をまとめよう!

名称:Bluzelle(ブルゼル $BLZ)

設立:2014年7月

総発行枚数:5億枚

公式ページ:A Decentralized Database Service for dApps - Bluzelle

Twitterアカウント:Bluzelle (@BluzelleHQ) | Twitter

ホワイトペーパー:https://bluzelle.com/wp-content/uploads/2017/12/Bluzelle-White-Paper-Japanese_v2.pdf

珍しくホワイトペーパーが日本語で書かれているので、他のプロジェクトのホワイトペーパーよりは数倍読みやすいのでぜひ開いて読んでみて!!けっこう読んでいて面白いと思うよ〜

総発行枚数はまあまあ多めなんだな〜

プロジェクトの内容

さて、いちばん重要なやつね。どういうサービスを目指しているのか??

目指しているビジョンは、『dApps(分散型アプリケーション)のための非中
央集権型でオンデマンド、拡張性の高いデータベースサービス。』とのこと。

(✽ ゚д゚ ✽)?

僕の拙い説明で頑張って伝えてみよう。。

僕の記事で紹介していた『イーサリアムなどのプラットフォーム系プロジェクト』 は、開発用のプラットフォームであって、保存や管理は別で必要になっている。

 

yoshikiblog.hatenablog.com

 

つまり、イーサリアムなどはデータの保存・管理のためには作られていないんだな!

そこをBluzelleで解決しようじゃないかあ!!!ってこと。(伝わったのか?)

現在主流になっているデータ保存・管理は「クラウドデータベース」だね。イメージとしては、1つの箱の中にみんなでデータをぶち込んで共有する感じ。

有難いことにこの記事を見ていくれている方々も、会社や学校で導入されているはず。

これを 『複数の箱を用意して、それぞれの箱の中身を同期して保管しよう』とするのが分散型データベースと呼ばれるもので、これを実現しようとしているプロジェクトがBluzelleなんです!(ドヤア

f:id:yoshiki1992:20180211130030p:plain

これは必要なサービスだなと素直に感じた!!!

 

特徴

もう少し詳しく書いていくと、Bluzelleには2つのトークンが存在しているんよ。

  • BLZ:外部ネットワークと交換可能なEthereum ERC-20トークン。内部用トークンBNTとETHを結ぶ役割を果たしている。なので、市場に流通するのはこっちのトークンだな。
  • BNT:Bluzelleのサービスを利用するときに必要となる内部用のトークン。

内部用のトークンをわざわざ準備しているのは、ERCー20では低速かつ高額だからだそう。

「じゃあ、どんなふうに機能するんだよ?全くイメージできなんだけど???(●`ε´●)」

はい、頑張らせていただきます。。。

ホワイトペーパーには、

データ保存と管理のための AirBnB のようなマーケットを作り出しています。これは強力な生産者と消費者の暗号化された経済ネットワークです。

と書いてある。

消費者(BNTを消費することでデータの保存・管理のサービスを受ける人)と生産者(リソース(ブロックチェーン技術を用いて、実際にデータを保存する作業?)を提供することでBLZを得る人)で構成されたプラットフォームなんかな〜

うーん、ちょっと自信がないな。。

僕もしっかり把握したいので、わかる方がいましたらコメントかTwitterよしき (@crypto_yoshiki) | Twitter)のDMでご教授してほしいです!m(_ _)m

創業者について

どんな人が開発したのかは気になるよね??(僕は気になる)

Pavel Bainsさん。

頑張って英語を読んだぞ!!

過去には、世界的有名な作家やメディアブランド(ワーナー・ブラザーズやピーナッツ)の書籍を電子書籍として展開する『ストーリーパンダ』っているうサービスの共同創業者だった。さらに、BluzelleのCEOである他に『投資家』でもあるそう。投資先はVR分野などのこれからを担うような分野のスタートアップ企業だそう。

 

これまでにサービスを展開したことがある人っていうのはちょっと心強いよな〜

仕事で審査をする際もそういう見方をしているから、良い経験させてもらったなほんと。。 

購入ルート

「買いたい!どこで買えるん??はよ、教えろや!!ヽ(`Д´)ノ」

現在は、残念ながら日本円で購入することはできないんだよ・・・( ;∀;)

取扱をしているのは中国の取引所であるBINANCE(バイナンス)だけ!!

いま取引手数料70%OFFという太っ腹なキャンペーンをやってるから、未登録の方は今すぐ登録しておいて損はないぞ!!(下記は登録のためのリンクとBINANCEについての過去記事。)

 

登録リンク:https://www.binance.com/?ref=11303907

 

 

yoshikiblog.hatenablog.com

 

僕も、もう少し価格が落ちてきたら絶対買います!!(そろそろポートフォリオ動かさないと、あのコーナーの存在意義が疑われてしまう・・・)

 

おしまい!