猫じゃらしよりもスパイスを。

いつもの毎日にスパイスを。お金のこと、読書、映画について書きます。ちょっと良い毎日になればと思います。たまに毛玉(思うこと)を吐きます。

【読書レビュー】今の世界があるのはただの偶然だと科学的に迫る!『銃・病原菌・鉄』

おはよう、よしきです!

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/150123561/1517319600588159

今回は、仮想通貨関連の記事と並行して書いてくって決めた、書評!

その第一弾やで~

その第一弾に選ばれた本は、、、、これ!

 

 

仮想通貨とは全く関係ないジャンルだろ???

たしか少し前に一世を風靡した本。世界史が大好きなので、すぐにアマゾンで買ったぜ〜ちなみに、Kindle使ってるよ。Kindle最高!!!!

書評パートでは、僕が気になった本(ビジネス書やたまに小説かな〜)を随時紹介して行こうと思う。社会人になっても日々勉強しないと置いてかれるよ??

 

 

内容

「どうしてアフリカやアジアの先住民でなく、西欧の白人が覇権を握る世界となったのか?白人は他の人種よりも優れているからなのか?」という疑問に対して、綿密な検証をしている。

結論は、農産物や食料生産技術の伝播のスピードがユーラシア大陸のほうが他の大陸よりも早かったから。

食料生産を安定化したことで人口が増え、集団が大きくなると政治システムが構築されていく。。人口が増えれば、文化も醸成されていくわけで、高度な武器も発明される。。これで他の大陸を制圧する条件は揃ったというわけ!!

 

思うこと 

 『できないけど、もし先住民を入れ替えたら(アフリカの先住民をユーラシア大陸に、ユーラシア大陸の先住民をアフリカにしたら)同じ結果になるわ。』っていう文章を読んで、「あー、ただの偶然から生まれたものなんだ。。」とまずは感じた。

これまでの歴史は、地理的要因に依るところが大きかったけど、

これからは、交通機関の発達やインターネットによってその地理的要因は問題ではなくなるなー。

いかに新しいものを受け取って、取り入れていくことができるか。

 

僕はそこまで器が大きくないので、国家間の諸問題の解決、云々とかは分からんけど、身近やと『働き方改革』とか『副業解禁』とかが始まって、少しずつやけども確実に社会が変わっているのを感じてきている。。

僕は、バックグラウンドが異なる人とできるだけたくさん会うことにした。。(美味しいお酒たくさん飲めそうだし、もしかしたら運命の人との出会いありそうやん??)

 

いま読んでいる本もかなり面白いんで、読了したらアウトプットのためにも、秒でレビュー書く!!

 

おしまい!